第23回『海の日』前夜祭

 

河原健

「写真1」河原健氏による挨拶

先に、会員各位にご案内の通り横浜港の海事関係者3団体「一社」横浜海洋福祉協会、若葉会と海洋会横浜支部は、7月13日「海の日」制定を祝う恒例の行事をナビオス横浜で来賓を含む約100名の方が集いました。
今年で23回目を迎え、旧商船大(現海洋大)の卒業生らでつくる海洋会横浜支部、海上保安大学校の同窓会・若葉会3管支部と全国の商船高専・水産高校・海技大・海員学校の出身者と一般会員でつくる一社)横浜海洋福祉協会が主催しました。
代表して海洋会横浜支部長の河原健氏の挨拶に続き、来賓として第3管区海上保安本部の宮崎一巳本部長が祝辞を述べられました。


 乾杯の音頭は、公益財団法人帆船日本丸記念財団の金近忠彦会長が昨年7月17日(海の日)に天皇皇后両陛下が帆船日本丸

・横浜みなと博物館にご行幸啓された話、同年9月には、”帆船日本丸”が国の重要文化財に指定された事、又「帆船日本丸保存修繕に向けた活動へのご協力のお願い」等のお話の後、乾杯の音頭となり、歓談に入りました。
 今年のイベントは、昨年までのジャズバンドに変わり、静かな調べの内田成孝氏率いる「AGRIギタークラブ」と「二胡きらきら星」の演奏で和やかな雰囲気を演出しました。 演奏は、来年も引き続きお願いし、又他のイベントも考案して、参加者の増員を計画したいと考えております。 中締めの挨拶は、3管本部次長(若葉会3管支部長)葛西正記様のお話と号令で海保大の「天突き体操」を全員で行い、大いに盛り上がりました。来年も、横浜海洋福祉協会会員の更なる参加を熱望します。

 

金近忠彦様

「写真2」3管保安本部宮崎一巳氏挨拶

主催者代表3名

「写真3」 金近忠彦様による乾杯の音頭

参加者懇談風景

「写真4」 AGRIギタークラブの演奏風景

 

 

 主催者

一般社団法人 海洋会横浜支部 支部長 河原健

若葉会三管支部 支部長(第三管区海上保安本部次長) 葛西 正記

一般社団法人 横浜海洋福祉協会 代表理事 相川康明

 来賓紹介

第三管区海上保安本部長 宮崎一巳様

海上保安庁 首席監察官(若葉会会長代理) 勢良俊也様

(公財)帆船日本丸記念財団 会長 金近忠彦様

国立大学法人 東京海洋大学 学長 竹内俊郎様

(一社)海洋会 本部事務局長 佐田昌弘様